任意売却

任意売却とは

任意売却とは、住宅ローンが返せなくなった場合に、そのローン会社との合意を取り付けて、競売ではなく任意の第三者に不動産を処分する手続きです。

住宅など不動産を購入するときに、ほとんどの方は住宅ローンなどのお金を金融機関から借ります。金融機関は融資の担保として、購入した不動産に抵当権などを設定しますが、この不動産を売るときには抵当権などを解除(登記を抹消)してもらうことが必要です。

抵当権などを解除してもらうためには、ローンの残額をすべて返済することが前提でで、住宅ローンの残高よりも高く売れれば何ら問題はありませんが、残高を下回る金額でしか売れないときには全額の返済ができません。
このようなときに、金融機関の合意を得たうえで不動産を任意の第三者に売り、返済しきれなかった債務を残したままで抵当権などを解除してもらいます。これが任意売却です。
もし、あなたが破産などの事情で住宅ローンの返済ができなくなったとき、金融機関は最終的に抵当権を実行し、不動産競売の申し立てをします。そうなると、担保不動産が差し押さえ、競売によってあなたの不動産が処分されることになるのです。こうなる前に、金融機関に任意売却による処理を認めてもらい、一般の流通市場で買い手を探すのです。
この任意売却の方法は、金融機関にとって「競売のときよりも、融資金の回収が多く見込める上に、手間が省け、回収の時期も早くなる。」というメリットがあります。そのため、あなたには「売った後の残債務の返済期間や返済金額について、柔軟に対応してもらえる」というメリットが生じます。

任意売却

さらに、話し合いによって、あなたの引越し費用などを手当てしてもらえることもあります。

「任意売却」という言葉が示すとおり、不動産競売のように強制的な処分ではありません。しかし、返済ができなくなってから何もしなければ、近いうちに競売となることは避けられません。
任意売却なら競売ではないため近所に知れる可能性が低いというメリットもあります。

以上が一般的な任意売却の説明ですが不動産を任意売却して残債務を月々数万円支払うような事は避けられたほうがいいと思われます。
なぜかというといつまでたっても残債務の完済が望めず、それは結論の先延ばしでしかなく本当の債務の解決となっていないからです。
今後の支払に余裕がある場合を除いては、不動産の任意売却をする場合、一緒に自己破産も検討されることをお勧めいたします。

任意売却で早めに処理をするのか、それとも条件の厳しい競売を待ち続けるのか、大切なのはあなたの意志です。

司法書士法人堺東事務所 TEL:072-228-0084 FAX:072-228-0401

※ 司法書士法律相談は司法書士法第3条の範囲で行います。

PAGE TOP