ブラックリスト

ブラックリストとは

一般にブラックリストというと、非常にイメージが悪く、それに名前が載ることは落後者のレッテルを貼られるのと同じで、一度ブラックになると今後はずっと何をするにも制限されるようにご想像されている方がいらっしゃるようですが、そうではありません。といいますか、正確にはブラックリストというものは存在しません。

では、俗に言う「ブラックリスト」とは何なのでしょうか?

通常、我々が住宅ローンを組んだり、銀行から融資を受けたり、消費者金融からキャッシングしたりすると、その情報は以下のように記録されます。どこから、いつ、いくら、借金したか?いつ完済したのか?
これを「個人信用情報」と言います。
普通に返済し、滞りなく返済をしていれば全く何も問題ありません
(これを俗に「ホワイト情報」とも言う場合もあります)。
しかし、借主が返済を滞ってしまった、又は自己破産をしたなど、借金の返済過程になんらかの支障をきたした場合は、その旨が信用情報に特記事項として記録されます。
この特記事項を「異動(事故)情報」と言い、 この異動情報が信用情報に記録されている状態を「ブラックリストに登録された」と言われています。

ブラックリスト

つまり、ブラックリストと言っているものは、
個人信用情報の特記事項に 「事故(異動)情報」が記載されている、その信用情報のことを指すため、
そのようなリストが存在することはないということになります。
正確にいうと、この事故(異動)情報こそブラック情報と言うことができます。

個人信用情報に記録されている事項

では、その個人信用情報に記録されている事項を紹介します。

個人特定情報

  • 氏名及び生年月日
  • 自宅の住所、電話番号、勤務先名とその住所及び電話番号。

金融取引に関する情報

  • クレジットカード等の契約に係る情報
  • 借金の契約内容についての情報(契約日、金額、形態、返済回数等)
  • 借金の返済状況についての情報(借金の残高や該当月の支払・入金状況等)
  • 事故(異動)情報 (これがブラック情報です)

加盟会員による当該信用情報の使用履歴

  • 加盟会社・金融機関名、日時、信用情報の使用目的等が
    「申込情報」や「照会履歴」に一定期間登録されます。

その他

  • 本人の買い癖などで過剰与信
    (年収の一定割合以上の与信枠(借入残高)がある等)に陥りやすいため、
    与信自粛を申告し、与信照会時に注意を促す事などがあります。

信用情報機関とは

信用情報は、それを収集・提供する機関があり、それを信用情報機関といいます。
以下にそれぞれのHPを紹介します。

全国銀行協会 全国銀行個人信用情報センター

消費者信用の円滑化等を図るために、一般社団法人全国銀行協会が設置、運営している個人信用情報機関
http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

日本情報信用機構(JICC)

主に貸金業、クレジット事業、リース事業、保証事業、
金融機関事業等の与信事業を営む企業を会員とする個人信用情報機関
http://www.jicc.co.jp/

株式会社CIC

主に割賦販売等のクレジット事業を営む企業を会員とする個人信用情報機関
http://www.cic.co.jp/

上記の信用情報機関は相互に事故(異動)情報を「CRIN(Credit Information Network)」という個人信用情報交流システムによってネットワーク化し、過剰貸付の防止、多重債務者発生の防止のため、共有しています。

事故(異動)情報とは

事故(異動)情報がいわゆるブラック情報と呼ばれているものなのですが、ではどのような場合にブラック情報が記載されるのかと言うと 信用を著しく損ねる約束違反 があったときです。

では具体的にはどのような場合にブラック情報として記載されるのかをまとめます。

延滞

  • 約定返済日(又は入金予定日)から一定期間以上入金しない場合
  • 現在は61日以上の延滞で事故情報として登録されるようです。

借金整理

  • 任意整理、特定調停、民事再生、自己破産の場合
  • 返済継続中の過払い金返還請求をしている間は事故情報として載りますが、
    和解、判決などで過払状態が確定すれば削除されます。
  • 完済していていれば過払い金返還請求をしても原則として事故情報となりません。

代位弁済

  • 保証契約に基づく保証会社や連帯保証人からの弁済等、借主の返済不能による第三者からの全額の支払い。

契約解除

  • 借主の返済能力が欠如したため著しく信頼が失墜し、強制的に解約された場合

事故情報の登録期間としては、おおむね以下のようになっています。

  • 民事再生、自己破産は5~7年
  • 任意整理、特定調停、延滞、代位弁済、契約解除は5年を超えない期間

ただし、各個人情報機関によって期間にばらつきがあるため、上記は大まかな目安でしかありませんので、気を付けてください。

事故(異動)情報とは

お分かりかと思いますが、事故情報(ブラック情報)があるとその間はほぼ新しい借金ができません。

これは、先ほどお話ししたCrINにより、全ての信用情報機関で事故情報(ブラック情報)が共有されるためです。
クレジットカードを新たに作ることが出来ないのは当然ですが、カードの更新もできないと思っておいたほうがいいでしょう。
債務整理をしなかった他社の手持ちのカードについては、使える場合もありまが、使えない場合もあります。

事故情報(ブラック情報)が登録されても、カードを使いたい場合は、
以下のVISAデビットカードを作るといいでしょう。

ブラュクリスト

VISAデビットカードについての詳細は紹介した下記のHPで確認してください。

また、上記カードでETCは使えませんので、ETCを使用する場合ならばETCパーソナルカードというものがあります。
こちらについての詳細は下記を参照してください。 http://www.go-etc.jp/personalcard/personalcard.html

個人情報を調べるには

個人情報を開示してもらうには、各心情情報機関に開示書を郵送してもらうか、
直接出向いて開示してもらうことになります。
詳しい手続き方法は、それぞれ以下の個人情報機関のHPにありますので、確認してください

全国銀行協会 全国銀行個人信用情報センター

http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/

日本情報信用機構(JICC)

http://www.jicc.co.jp/kaiji/

株式会社CIC

http://www.cic.co.jp/

調べたうえで情報に誤りがある場合は、各信用情報機関に異議申し立てをすることができます。
これについても、上記の個人情報の開示方法のHPにありますので、そちらを参照して下さい。

個人情報についてなにかご質問があれば、お気軽に当事務所までお問い合わせください。

司法書士法人堺東事務所 TEL:072-228-0084 FAX:072-228-0401

※ 司法書士法律相談は司法書士法第3条の範囲で行います。

PAGE TOP