業務の流れ

業務の流れ

電話受付

まずはお気軽に下記の電話番号に電話してください。
072-228-0084
電話でのご相談は無料です。

原則お電話でご来所いただく日時を決めて、ご予約を取っていただきます。ご来初が困難な方はご自宅への訪問も可能ですので別途ご相談ください。
(大阪府内は交通費不要ですが、府外なら交通費を頂くこともございます)

業務の流れ

ご来所

予約日にご来初下さい。
当事務所は堺東駅の目の前(徒歩2~3分)であり、大変便利です。
また、ご来初の際は、電話での受付の際にお願い致しました書類のご持参をお願い致します。

相談

経験豊富な司法書士がお客様に実際にお会いして、過去の借入の状況や、現在の状況などをお聞きします。
その上で、お客様にとって、もっともよい解決方法をご提案します。

受任契約、受忍通知

お客様が相談で納得された場合、当事務所と受任契約を締結して頂きます。
受任契約を締結し、業者に受任通知を送れば、原則、業者からの取立てが無くなりますので、
厳しい取立てがなくなり、今後は安心していただけます。

引直し計算

受任通知を業者に送った後、1~3ヶ月ぐらいすると、業者から取引の履歴が届きますので、
それを基に利息制限法の利率で再度計算を行います。
これを一般に引直し計算といいます。
これにより、債務が残っていた場合は業者と和解をする手続きに進みます。

また、当初のご相談時に過払状態であることがほぼ間違いなかったり、
計算結果によって過払金が発生していることが判明した場合は、
依頼者の方に訴訟提起を行うかどうかの確認をします。
(当事務所は基本的に訴訟提起をした上で、できるだけ満額に近い回収をお勧めしております。
任意交渉での過払い金の返還請求は概ね過払元金からのかなりの減額を余儀なくされ、
依頼者の利益とならないためです)

当法人では安易な任意の交渉は原則しておりません

訴訟

訴訟提起を行うことで、原則、過払元金と過払利息のすべてを回収することを目指します。
訴訟を起こした上での和解の場合も、満額回収にできるだけ近い金額で和解することを目標としています。

判決または和解

5の引直し計算によって債務が残った場合は、依頼者の収入を考慮して返済計画を作成して、
それぞれの債権者と分割返済、一括返済の和解の交渉をします。
交渉が成立すれば、和解書を作成し、債権者と取り交わします。
5の引直し計算によって過払状態の場合は、原則訴訟提起をお勧めし、判決で訴訟が終了した場合は、
判決に沿って債権者と過払い金の支払い方法の交渉をします。
(最近では控訴してくる業者も多く解決までに時間がかかることもございます。)
訴訟途中での和解の場合は、その和解内容に沿った和解書を作成し、債権者と取り交わします。

破産、民事再生等

引き直し計算の結果を待つまでもなく支払不能が明白である場合や引直し計算によって債務が残った場合で、
業者の協力を得られないため分割返済の和解が不成立となった場合、
依頼者の具体的状況により破産もしくは民事再生といった手続きをご提案させていただきます。

事件終了 

事件が終了しましたら、あらためてご連絡致しますので、ご来初してください。
ご依頼いただいた事件の経過と結果を説明し、お預かりしていた書類や過払金の清算金をご返却させていただきます。

司法書士法人堺東事務所 TEL:072-228-0084 FAX:072-228-0401

※ 司法書士法律相談は司法書士法第3条の範囲で行います。

PAGE TOP