民事再生

個人再生手続きは平成13年4月1日にスタートした、債務整理の中では比較的新しい制度です。
(とは言っても、すでに10年以上経ってますが)
この制度を簡単に言うと、「3年間きちんと一定額を返すと、残りの借金はチャラになる」ということです。

例えば、1,000万円の借金のあるAさんが、1,000万円は払えないけど、3年で200万円ならば返すことができる(毎月約56,000円は支払える)場合に、この3年で200万円を返済するという計画(これを再生計画といいます。)を裁判所が認めて、本当にこの計画通りに返済できれば、残りの700万円の借金の支払いが免除されるというものです。

なお、自己破産と違って、個人再生手続きは住宅ローンが残っていても、マイホームを維持しながら住宅ローン以外の借金を減額することができますので、「自宅を手放したくないが、借金は圧縮したい」という方にはよい債務整理の方法であると思います。

民事再生

ただし、個人再生手続きを利用するにはおおむね以下の条件が必要です。

  • 給料などの定期的な収入があること
  • 住宅ローンを除く借金の総額が5,000万円であること
  • 上記2の借金が3,000万円以内なら借金の20%を3年で返せること
    (ただし、減額した額が300万円を超えるときは300万円、100万円を下回るときは100万円)
  • 借金が3,000万円を超えて5,000万円以内なら借金の10%を3年でかえせること
  • 原則として、半数の債権者が再生計画に反対しないこと

個人再生手続きはどうしても自己破産をしたくない人にとってはとてもすぐれた制度ですが、上記以外にも条件があり、その手続きが厳格であるため、個人再生手続きをすることができる人が限られています。
また、自己破産よりも費用もかかります。

個人再生手続きをお考えの方はぜひ当事務所までご連絡ください。

司法書士法人堺東事務所 TEL:072-228-0084 FAX:072-228-0401

※ 司法書士法律相談は司法書士法第3条の範囲で行います。

PAGE TOP